Date

富山にある工務店を選んだ

富山にある工務店を選んだについて
Breast Cancer Ribbon

工務店とはどのようなところ?

家を建てる時やリフォームをする時には工務店へお願いする事があるかと思いますが、いったい工務店とはどのような会社なのでしょうか。

さまざまな専門の工事業者をマネージメントして、工事の全体を管理する事によって総合的に工事を請負う業者の事です。

昔では大工さんの親方を棟梁と呼んでいましたが、その棟梁が工務店のようなものですね。

しかし昔とは変わってきており、さまざまなタイプがあります。

昔ながらの従来タイプである棟梁タイプは木工職人の棟梁が設計から工事までを行います。

そして設計重視タイプもあります。

こちらは会社の中に建築士がいて会社の外の設計事務所と連携して設計する事により他の会社との差別化を図っている所もあります。

そして施工専門のタイプもあります。

こちらは社内ではなく外部の設計家に設計をお願いし、施工だけを自社で行う所です。

そのため設計は請負いません。

このように棟梁タイプみたいに設計から工事まですべてを行う所もあれば設計は外部でお願いする所などさまざまなのですね。

あなたは工務店といってもさまざまなタイプがある事を知っていますか。

なかなか工務店との関わりがなかったりする為知らない方が多いかと思います。

さまざまなタイプがあるといってもどのようなタイプの会社があるのでしょうか。

フランチャイズタイプというのがあるのですが、工務店でもハウスメーカーの下請けであったり、特定の工法のフランチャイズの業務が中心の所もあります。

そしてハウスメーカータイプというのもあります。

こちらは特定の建材であったり、設備などを使用した住宅を商品にしたりシリーズにしたりして販売しているところです。

そしてさらにデベロッパータイプというのもあります。

こちらのタイプは自分の会社で土地を購入して、売建住宅であったり建売住宅を販売している所です。

このようにさまざまなタイプがあります。

大きな仕事は大きな会社がやはり得意なのですが、個人的な住宅を建てられる際は大きな会社では管理するコストなども高かったりするため、50人程度の中小の工務店が中心になっているそうです。

Comments are closed.